ジスロマックについて説明する女性
細菌にはジスロマック > 抗生物質に抵抗を持ち始めた菌たち

抗生物質に抵抗を持ち始めた菌たち

感染症の治療に使われる抗生物質や合成抗菌剤の進歩はめざましく、ペニシリン発見時と比べると桁違いの効力を持つ成分が数多く開発され治療に使われています。
それなのに現実には感染症は無くなりません。
古くからの疾病も依然として人々を苦しめています。
医薬品は飛躍的に進歩して菌を圧倒できるはずなのに何故根絶できないのかと不思議に思う人もいるでしょう。
それには理由があります、菌が耐性を持ったからです。

医薬品が進歩するとそれに抗うかのごとく菌が耐性を持って効かなくなります。
そこで人間は更に効力を増した新薬を開発するのですが菌はまたもその新薬に耐性を獲得するといったイタチごっこが続いているのです。

成分名アジスロマイシンを成分としたジスロマックも似たような状況下に入りつつあります。
大変優れた医薬品なのですが耐性菌の出現でこれからは効き目の悪い場面も目立ってくるでしょう。

菌菌がジスロマックへの耐性を獲得する背景には安易な処方と中途半端な使用などがあります。
それを避けるには医師はジスロマックが最も適していると思われる場面でのみ使用し、患者は医師の指示通りのサイクルと量を決められた期間きちんと服用するように努めなくてはなりません。
また、何かの感染症のようだからとジスロマックが適しているのか不明なまま医師の診断無しに個人輸入で購入したものを服用し、完治していないにもかかわらず症状が軽くなったので治療を止めてしまうという誤った判断は耐性菌を生む格好の状況となりますので個人の判断で服用するのは慎むべきです。

性病 薬で有名なジスロマックは大変優れた医薬品です。
正しく使用してこそ最大限の効果を発揮します。
耐性菌の出現を許さぬように注意しましょう。

おすすめ記事