ジスロマックについて説明する女性

カビなどの微生物によってつくられた物質で、他の微生物の増殖を阻害するような作用をもたらすものを抗生物質と呼んでいます。
こうした抗生物質として有名なのは、世界ではじめてアオカビからつくられたペニシリンと呼ばれるもので、この系統につらなる抗生物質はペニシリン系抗生物質として、現在でも幅広く医薬品として用いられています。

抗生物質が主に用いられるシーンを考えると、細菌感染による肺炎の治療や、ウイルス感染によるかぜの際の二次感染防止、その他細菌感染にともなう皮膚の炎症の治療といったものなどがあります。
しかし、こうした病気を引き起こす病原性微生物にはさまざまな種類があり、同じ細菌でさえも構造が異なるものがみられます。

ペニシリン系の抗生物質は、人体の細胞には存在しないもので、細菌の細胞にのみ存在している、細胞壁の合成を阻害することをもって、病気の治療目的を果たしていますが、たとえば細胞壁のないマイコプラズマのような病原性微生物には、まったく効果がないということになります。

ジスロマックについて説明する女性そこで開発されたのが、マクロライド系とよばれる別の系統の抗生物質であり、その代表格としては、ジスロマックのような医薬品が挙げられます。
ジスロマックは、ブドウ球菌、連鎖球菌、肺炎球菌などの細菌にも効果がありますが、マイコプラズマのような細胞壁をもたない病原性微生物に対しても効果があり、細胞がもっているタンパク質の合成を阻害する作用があります。
ジスロマックは、特にマイコプラズマ肺炎のような呼吸器系統の感染症の治療のためによく用いられており、通常は決められた錠数だけを短期間経口服用するだけでよいとされています。
なお、ジスロマックは通常は医師の処方箋が必要とされる処方箋医薬品に指定されていますが、ジスロマックは通販で買うと安く手に入るので欲しい場合は検討してみましょう。
また、同じように細菌感染症に効くと言われるフラジールという薬もあります。
フラジールはピロリ菌の除菌にも効果があるためジスロマックと並んで病院で処方されています。